2005年10月08日

門司レトロとバナナフリッタ

レトロめかり周遊バス
運航日2005/7/2〜2006/3/31の土日祝日のみと春・夏・冬休み期間

バス.JPG

運賃220円で9箇所に留まって
門司港駅前からでて門司港駅前まで戻ってくる。
途中、ノーフォーク広場と第二展望台では
ボランティアの人が10分ほど説明をしてくれる。
1周するのに1時間かかるが、門司のいいとろこをまわるので
とりあえずどんなところかを見るのはいいと思う。
第二展望台は関門橋全体が見えて絶好の写真スポット。
絵の愛好家のグループもきていて、写生していた。
ボランティアの人が
「今日は、なかなか、見られない船が通っている」と言った。
遠くに見えのがイージス艦だった。


門司港レトロとバナナフリッタ(バナナてんぷら)


門司港は台湾バナナの荷揚げ港だったので
バナナを売り物にしているお店がある。

ハヤシライス.jpg

「門司港グルメマップ」に載っている<とらや>
(駅でお昼が困らないよう美味しいお食事処をマップしたパンフレットが置いてある)
ハヤシライスとバナナフリッタが有名。
ここでお昼を食べた。前に来たときもやはり食べた。
ハヤシライスが好きな人にはお勧め。美味しい。(=^〜^)oモグモグ

一緒にバナナフリッタも注文。
フランクフルトの中身がバナナというようはものを想像していたが、
どんなものかといえば、フリッタというよりてんぷらに近い。
写真のたこ焼き風なのがバナナフリッタ。
私にはてんぷら粉にみえるが、バナナに衣をつけ油で揚げ、
その上にチョコレートがかかっている。

味はバナナの好きな人はお勧め。
バナナ自体に甘みがある。(完熟といえばいいがスーパーで見かける熟れている感じ)
衣にはなんの味もついていないように感じた。
あついバナナを食べてると思えばいい。
写真でわかるように真ん中がアイスなので
アイスとてんぷらでは口がおかしくなるので
バナナを食べて冷やす意味であとからアイスを食べた。

土産 005.jpg

昔懐かしい駄菓子屋でお土産を買った。
posted by ロゼ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元の花情報と観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。